ときめくグッズ

洋服作りの初心者さんへ。最低限あれば大丈夫!準備リストと作り方を教えます

ミシンは持っているけど洋服は作ったことがない。だって洋服作りは難しそうだし、揃えるものも多そう。

私には出来ない!!そう思っているあなた。大丈夫です。

今回は独学で子ども服を作っている筆者が「洋服作りの最低限の準備リストと洋服作りの流れ」を説明します。一連の流れがわかると「わたしにも出来るかも!」に変わるかも。

本日の内容
・洋服を作るのに必要なもの
・ミシンを使って洋服作りの流れ(子ども服)

 

ようこそ。バム子mamaのブログへ。

 

今回はミシンを持っているけど洋服は作ったことがない方に初心者が本当に必要な道具と実際に洋服を作る手順を紹介していきます。

私は上の子が生まれる前にミシンを購入しました。赤ちゃんのおくるみやスタイなど簡単なものは作ったことがありました。ハンドメイドの子ども服を自分で作ることに憧れがありましたが「作り方が大変そう」「初心者には難しい」と思いこんでいました。
しかし一念発起し子ども服作りをスタートしました。

洋裁本を買って、必要な道具を揃え、時にはお店で質問しながら。

初めて自分の手で作り上げた洋服をみて「初心者の自分にも出来た!」と達成感を感じました。直線縫いも少し曲がっていたし、糸がほつれている部分もあります。

 

それでも出来上がった服を子どもが着ている姿を見て「作ってよかった」そう思ったのです。

 

ぜひあなたもミシンを持っているのであればハンドメイドの子ども服をつくってみませんか?

 

まずはどんな洋服を作りたいか決めよう

いちばん大切なのは「何を作りたいのか」この作業が一番楽しいですよね。今は無料でダウンロード出来るものもありますし色々探してくださいね!

何を作れば良いのか決められない人はこちらをご覧ください。

子ども服を作るのが初めてのあなたへ。初心者さんに作って欲しい最初の一着&洋裁本のレビュー

作りたい洋服が決まったら作ってみよう!

それでは実際に初心者が揃えたい物おおまかな流れを説明します。こちらを見ていただければ大体の流れをイメージできます。

【まず最低限はOK!準備する物リスト】

・型紙
・布
・ミシン本体
・裁ちばさみ&糸切りバサミ
・定規
・まち針
・それに合うミシン糸と針
・チャコペーパー
・ゴムや接着芯、ボタンなどの装飾(必要に応じて)

mama
mama
ここで重要なのは最初から色々と揃える必要がないという事です。何着か作る中であったら便利だなと思うものが出てきますので都度購入がおすすめです。

 

シュミレーションで流れを掴みましょう!

とはいえ洋服を作るのが初めての場合流れが分かりませよね。ここでは大まかな流れを紹介していきます。

①デザインを決めたら布を選ぶ。

まずは布選びとデザイン決め。洋服作りが初めての場合はニットなど伸びやすい生地や厚いデニムのような生地はNGです。綿やダブルガーゼ、またはリネンもいいですね。


ワクワクしながら選ぶ時間はとっても楽しいですよ!

おすすめ生地やさんの記事はこちら>>> 現在執筆中。

 

②生地の地直しをする


布を購入したら裁断の前に、地直しをします。

地直しとは布を洗ってアイロンがけをし、布が縮むのを防いだり歪みを直す作業のことです。
ちょっと手間ですが生地を購入したら早めに済ませておきましょう!

③紙に作りたい洋服の型紙をうつす。

ここがちょっと面倒くさい(秘密ですよ)

 

型紙をトレース(別の紙に移す)

服の題名と各パーツの名前を書き込む

必要なパーツが書けたら図の周りに縫い代を書く

 

作業量として多めです。
でもこの型紙を移す作業が終わると楽になります。

頑張りましょう!

 

洋裁本に必ずついてくる見本の型紙を紙に移す作業は必須です。

本についている型紙は掲載している全てのパターンが重なった状態で載っているのでそのままハサミで切って使うことは出来ません。ですので型紙を別に移して使う必要があります。

さらに縫い代を周りにつけ忘れると洋服が失敗してしまいますので忘れぬよう注意しましょう。

mama
mama
ちなみに私は「型紙用不織布(ふしょくふ)」を使いました。今まで赤ちゃんのスタイなど小さなものはコピー紙を使っていたので不織布の使いやすさに感動してからは不織布一筋です!!

普通の黒ボールペンで線もつけられるし切りやすく破れにくい素材です。柔らかくまるめたりおったりして保管できるので、何着か作りたいときは重宝します。
使い切ったら何度も買い足してます。

便利な不織布

型紙用不織布 方眼なし 測り売り1m単位/パターン 型紙 作図 洋裁 ソーイング用品/手芸用品 手作り ハンドメイド クラフト用品

これも便利なカーブ定規

③型紙を布に重ねて生地を裁断する

 

②の型紙を重ねてペンシルでなぞる
(まち針で止めてペンシルを使わずカットする方法もあります)

縫い代の部分をチャコペーパーとルレットで写す
(布の裏側にチャコがつくようにします)

カットする

型紙取りに布の裁断。

初めてのあなたがここまで来たらすごいです!!
行動力がある人なので自信を持ってください。

意外と裁ちばさみは重要です。高価なものを買う必要はありませんがしっかり重さがある方が安定して切りやすいです。
\楽天ランキング1位/ 【送料無料】 たちばさみ 裁ちばさみ 裁ち鋏 洋裁 たちばさみ 手芸 はさみ 裁縫 裁ちばさみ 布切りはさみ 裁ちはさみ 裁縫ハサミ 布 ハサミ 23.5cm

チャコペーパールレット(参考画像)

④アイロンがけをする

 

アイロンがけはミシンを使ったあとも所々で行う作業です。
この工程も意外と大切で仕上がりに差が出ます。
丁寧にやりましょう!

 

断捨離でアイロン台を捨てました。その変わりコンパクトなアイロンマットを購入。towerから出ていてシンプルで気に入ってます!

⑤ボビンに糸を巻き付け、ミシンの上糸下糸をセット

生地を選んで型紙取り、布の裁断。
正直ここに来るまで結構時間かかりましたよね。
でもここまで来たらあとはミシンでダダダーーーと縫うだけ!

もう少しですよ。

⑥ミシン開始

やっとミシンが始動開始!

ここまで大変でしたがミシンを動かすと作業はほぼ終わりのようなものです。
ゴールまであと少し。

 

⑦仕上げ(ゴムやボタンを取り付ける。糸を切って整える)

 

少し縫い目がずれてもよし!それも愛嬌です。

我が子はそんなの気にしませんよ。
パンツやスカートなどゴムが必要な場合はここで取り付けます。
焦るとゴムが引っ張られてゴム通しを最初からすることになります。落ち着いて最後までやりましょう!

⑧生地を裏返したりして完成です

 

すごいです!!よくここまで来ましたね。

生地選びに材料集め、型紙をとって布を裁断。
子どもや赤ちゃんがいる中での洋服作りは大変だったと思います。

まとまった時間がない限り一日では完成しないでしょう。
それでも世界に一着だけの洋服が完成しました。

本当におつかれさまでした

 

mama
mama
と、大体このような流れで作ります。なんとなく伝われば幸いです。

 

更に詳しく。写真解説付きで知りたいあなたにはコチラ

クリックしたらページに飛べます

mama
mama
初心者でもとてもわかり易いと高評価のソーイング本です。この本は縫い方の基礎について丁寧に書かれています。大事な部分のポイントでは手元がアップになっているし全てのページがカラーなのでとても見やすいですよ。 

 

本日のまとめ

準備するものは最低限で大丈夫

洋服を作る流れを把握してから開始する

①デザインを決め布を選ぶ
②作りたい洋服の型紙を写す
③型紙を布に重ねて切る
④アイロンがけをする(⑤と前後する場合も)
⑤ボビンに糸を巻き付け、上糸下糸をミシンにセット
⑥ミシンで縫う
⑦仕上げ(ゴムやボタンを付ける、糸を切る)
⑧完成

ABOUT ME
バム子mama
バム子mama
ブログの管理人。 管理栄養士の資格を持つ3人の母親。 クリエイター気質でモノ作りが大好きである。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!